国家資格保有者以外のマッサージは駄目なのか?

国家資格保有者以外のマッサージは駄目なのか?

「マッサージ」という言葉が便宜的に幅広く使われているので、質問の仕方で答えが変わると思います。

一応法律的な意味では「あん摩マツサージ指圧師」が行う施術・治療がマッサージという事になっています。なので、資格保有者以外はマッサージ(あん摩マツサージ指圧師と同じ施術・治療)を行ってはいけない。という判断になると思います。

そのマッサージの内容は「マッサージの複雑な法律的な問題」で紹介したように、厚生労働省が出した見解の通りです。

ですが、家族、恋人、友達同士の会話などで出てくる「マッサージしてあげよっか?」の「マッサージ」は、厚生労働省が出した見解のマッサージとはちょっと違いますよね。この「マッサージ」はスキンシップという意味も含まれていると思いますし、資格の有無は関係ないと思います。

では、揉んだり押したりするリラクゼーション・エステはどうなのか?という事になりますが、力の入れ具合で判断されると思います。体に危害がおよぶような強い力でマッサージをしているようなお店はアウトです。

実際のところ、この国家資格は「職業として認める」または「よくない出来事(健康被害とか)」を防ぐためのもので、効果を保証するとか、最低限の技術を保証とかそういうものではありません。ただし、一定の知識と技術を持っていないと法律が定める「学校」を卒業できないと考えると一応担保されていると思います。

なので、これは利用者が正しい知識を知って、安全なお店かそうでないかを判断することが大切です。

そこで、下記の引用した文章を読んでください。

日本では、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律の定めるところにより、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師もしくは医師でなければ、人体に対して体表面から「触る・なでる・揉む・叩く・擦る・押す・身体の他動的操作および自動運動またはその誘導行為」など総ての手技行為や鋭利な器具や機械を使用した、皮膚上からの物理的刺激、もしくは皮膚を破ったり皮内に刺入したりする事によって皮下の筋肉や関節・血管・リンパなどの各組織に影響を及ぼす行為を業として行う事が出来ない。

これを読んでどう思いましたか?

※「業」の意味は、反復継続性と事業的規模があるもの。つまり「仕事」「職業」「営業」という意味だと思って間違いでは無いと思います。

因みに、上記の文章の「触る・なでる―」という手技の内容を特定する文は「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」には書いてありません。

過去の判例で出されたものか、どこかの団体の解釈かもしれません。なので、この文章が正しいかどうかはここでは言及しません。

とはいえ、この文章の「鋭利な器具~」あたりからの後半部分はお医者さんがするような事なので、医師免許を持っていない人が行ってはいけない行為だという事はわかりますよね。

しかし、前半部分の「触る・なでる」なんかも国家資格が必要だとすると…。

「あん摩マッサージ指圧師―」の資格を取るには学校に通う必要があります。つまり、子どもや恋人、夫(妻)、家族に触れるためには4~500万円の学費と3年間の学生生活が必要になります…(笑)。

もちろん、これはマッサージ関連の仕事をしている人達の「手技」の話なので、一般人はあまり気にする事ではないです。「皮膚を破ったり―」あたりからは一般人でも駄目ですけど。

少し視点を変えると、この「国家資格保有者以外、マッサージは駄目なのか?」という問題は、権利と職域の侵害という問題です。高いお金と時間を費やして国家資格を取った人からすれば、「無免許(資格を持っていない)なのに、同じことするなよ」と言うわけです。

では、同じこととは何なのか?という事になりますが、これは厚生労働省が出した見解と併せて、実際に行った内容の詳細をみて判断するしかない様です。

特定の揉む、叩く等の行為が、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)第1条のあん摩マッサージ指圧に該当するか否かについては、当該行為の具体的な態様から総合的に判断されるものである。

やはり、利用者が正しい知識を知って、安全なお店かそうでないお店かを判断することが必要です。

ここでの「そうでないお店」とは、資格が必要な施術・治療(体に危害を及ぼす危険がある行為など)を、免許を持っていない従業員、または未熟な従業員にやらせるお店。つまり、決まりを守れない人が運営するお店です。もっと言うと問題が起きても責任を取らなかったり、取れないお店。

例えば、お店の求人情報などの「応募資格」の中に「あん摩マッサージ指圧師の資格」等の記載が無いのに、広告や看板に「マッサージ」「治療」という言葉を使っているお店は避けた方が良いかもしれませんね。

どうやってお店を選ぶか

体重をかけて押したり、強い力で関節を曲げたり捻ったり、強い力で筋肉を伸ばしたり押すなど、体に悪影響が出そうなマッサージ、そして、捻挫や骨折などの怪我の治療を必要とする時や、医師に代替医療を薦められた時は、無難に国家資格保有者にお願いしましょう。

因みに、細い針を身体に差し込む「はり」と、火を使った「お灸」は、資格が必要です。

それ以外は特に規則がないリラクゼーションやエステなどを選ぶことになると思います。

しかし「安全でないお店も存在している」と書くと不安を煽ってしまいますが、“類似行為”とみなされないように細心の注意を払って営業しているところがほとんどなので気にしなくても良いでしょう。

と言いたいですが、マッサージ・リラクゼーション・エステは、素人目には境界線が曖昧です。

なので、自分の中での境界線をしっかり持つ事をおすすめします。

わかりやすいのは、

怪我や腰痛の痛みを治療したい時は「資格が必要」。

緊張した身体をリラックスさせたり、疲れを取りたい時、今よりもっと綺麗になりたい時など、気持ち良いマッサージを受けたい時は「資格は気にしない」などです。

また、「継続」という点も気にしましょう。

商売人にとって「お得意様」「常連さん」は大事な存在で、多くの「お得意様」「常連さん」を抱える事は商売繫盛に繋がります。

ですが、無理矢理「常連さん」を作ろうとする商売人もいます。しかも、これは国家資格の有無は関係ありません。

国家資格保有者がいないマッサージ店での健康被害が多く報告されていますが、国家資格保有者がいるお店の健康被害もゼロではありません。

例えば、「ひどい状態」を理由にし、「病院を紹介出来るようになるまでの改善」や「原因の特定」などを目的として継続的にお店に通わせるようなお店は、もっとひどい状態になる前に一旦考えなおした方が良いと思います。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。